読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賞金稼ぐプロゲーマー 海外ではスター、日本も大波来るか - Yahoo!ニュース

news.yahoo.co.jp

個人的にはものすごく応援したい。でも、応援したいけど現実的には難しいだろうというのが結論です。

まず第一に、プロスポーツプレイヤーですら一部の世界的プレイヤーを除いて、タレント業などを並行させないと食べていけない状況にあるということが挙げられます。

その一番の理由は、興行の採算性にあると言えます。

なぜそれがうまくいかないのかは法規制や都市事情、お国柄など複雑に絡み合ってくるものと思われますが、日本におけるスポーツには、基本的に奉仕の美学があるように思えるのです。

 

この辺り、かなり個人的な見解になりますが、日本のスポーツというのは基本に”道”という考えが流れていて、上達することが精進だったり鍛錬だったり、基本的に無欲であることが美学とされていると思うんです。

だから、授業料を払うし、大会にも自費で参加する。賞金のために努力するわけではなく(あれば嬉しいけど)、あくまで名誉や自己の成長が目的とされているといえるのではないでしょうか。

素直に「お金のためにスポーツを頑張っています」という考えが賞賛される時代が早く来ることを願うばかりです。

 

ただ、esportsはもともとがVR空間の出来事であるので、興行において場所の制約を受けづらいという利点があります。

現行の法規制には引っかからない形で、参加するプレイヤー、観戦者、スポンサーとの間で採算が成り立つような仕組みが出来上がれば、もしかしてもしかするのかもしれません。

個人的には、個人が集まってスポンサーになれるような仕組みが合法の上で成り立てばいいなとは思ってはいますが、注目が集まっている分野であることは確かなのでこれかも追い駆けたいところです。