読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術介入スロットに対する期待

大都技研から発表されたサザンアイズが技術介入機種として注目されているらしい。

 

www.web-greenbelt.jp

ボーナス中に技術介入要素を取り入れ、設定1でも出玉率100%超え(技術介入全て成功時)を実現しているほか、プレイヤーの技量によって出玉率が98.5%~109.7%と大幅に変わる「設定C」を搭載。目押し力などプレイヤーの技量が試される、玄人向けの機械となっている。

軽く調べた限りでは設定1で最大100.6%の出玉率。100%超えというのはファンが潤沢に回ってないとなかなか成り立たない機種になってしまいますが、等価廃止の流れなどを考えると打ちごたえのある機種になりそうです。

「設定C」は他の設定とは一変して、ビッグ確率1/682.7、レギュラー確率1/99.9のレギュラー偏重の確率設計で、合算確率は1/87.1と桁違いに軽く、当りを体感しやすい。技術介入性が高いレギュラーに偏らせたことで、プレイヤーの技量が出玉に与える影響は大きく出玉率は98.5%~109.7%と、ビタ押しが出来るかなどによって最大で11.2%の出玉率アップが見込める。 

合成確率が他の設定と明らかに異なる点も面白い仕様です。(通常1/199.8~1/154.2)

つまり、入れればすぐに分かる設定であり、いれてないことも分かってしまう設定であるといえます。

あまりにわかりやすい使い方をすれば、すぐに若い世代が張り付いてフル稼働させてしまい周囲には不公平な状況として見えてしまうので日常的な営業で使うのは難しいようにも思えます。

先の風営法改正でレディースコーナーやシニアコーナーが緩和されたとの話もありますので、例えば40歳以上限定などと合わせて使ってみると面白いかもしれません。

目押しに自身がない人間は運に頼れることができて、目押しに自信がある人間は失敗すれば出率が下がるなどの調整であれば設定Cはもう少し使いようがありそうです。

 

ただ、こうした運営側の技量を求められる機種は、今後も市場に投入されてほしいと思います。競争が健全に行われるためには、営業の難易度が必要であり、創意工夫した企業が生き残る業界こそが、常に活性化し続けられる業界といえるからです。

 

このところ個人的に色々と考えているスロットの競技性ですが、その観点からもなかなかに注目のチャレンジと思われます。市場評価を期待したところです。