読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リユース機22型式、順送り態勢で入替支援| WEB Greenbelt グリーンべるとWeb版

www.web-greenbelt.jp

検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ機の回収・撤去に伴うホール側の入替費用の軽減を目指すリユース機が7月20 日現在で22型式にのぼり、うち13型式が適合を受けていることがわかった。 

 今後の業界の運命を握る重要なキーであることは事実です。

しかしながら、何となく営業マンからのトークを聞くと、ここでも自分たちさえ儲かればいいというニュアンスを強く感じてしまいます。

リユース機は従来、外された先のホールに戻す仕組みだったためリユース機として仕上がるまで時間を見なければならなかった。しかしリユース機との入替を促進する必要から、「外されたホールに戻す従来の方式を改め、今回は回収・撤去に動くホールから順送りで導入できる態勢でいく」(同)ことが報告された。 

本来の方法のほうが、メーカーもホールもコストが少なくて済みます。

この危機をお互いが少ないダメージでやり過ごすためには、無駄なコストをかけるべきではありません。

それならば、全ホールが現行機を引き取った上でリユースとして戻す方法がベストなはずです。

 それなのに、自分のところの台を売りたいがあまり、板張りのまま営業することが恥ずかしいことだと、営業マンは口を揃えていいます。

確かに、自分のところだけが板張りで営業することには抵抗があるかもしれませんが、業界団体が進んでルールを作ることで、全ホールで公平な状況のもとにリユース交換が行われるのであれば皆が納得できるのではないでしょうか。

業界団体の活動に期待したいところです。